2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月23日 (日)

レンブラント

旅の途中で立ち寄ったオランダは、住んでいる長崎と歴史的に関係が深い国です。

ハウステンボスのモデルにもなったアムステルダムには、今も中世の美しい町並みが保存されています。

Img0026もう閉鎖されてしまいましたが、ハウステンボスには一時ライデン大学の分校がありました。

ところで、オランダといえばレンブラントの故国です。

郊外の運河を見下ろす公園に、レンブラントの像が対岸を見つめながら静かにひざまずいていました。

Img0030

レンブラントは、1606年ライデンの小麦を挽く風車を所有する粉屋の息子として生まれました。

少年の頃、彼の部屋は風車の中にあったそうです。

Img0029

限られた時間の中で、どの美術館を見学しようかと迷った末、オランダ国立美術館を訪れることにしました。

レンブラントの代表作『夜警』をどうしても見たかったからです。

2_3

                              (オランダ国立美術館)

Photo_2

「大きい!」

カベのようなその絵の迫力に圧倒されました。

雷に打たれたような衝撃に立ちつくしていると、不思議な臨場感に支配されました。

まるで、絵の中に取り込まれてしまったような錯覚。

ようやく冷静さを取りもどして観ると、レンブラント特有の光が左上から右下に見事に貫いています。

光に照らされたディテールが、じつに緻密なのです。

とても絵筆によって描かれたとは思えないほどのリアリティを感じました。

中学生の頃、美術の教科書でこの絵の存在を知った時、この作品がどうして名画といわれるのかまったく理解できなかったことを覚えています。

本物を観る機会がなかったら、きっとその時の印象のままだったことでしょう。

10jeremiah_2

たまたま、レンブラント展が開催されており『エルサレムの滅亡を嘆く預言者エレミア』を見ることができました。

レンブラント25歳、初期の傑作として名高い作品です。

洞窟の最深部で苦悩する預言者エレミアの姿。

左右の岩には、エルサレムが炎上する様子が、騙し絵のように描きこまれています。

あまりに素晴しかったので、ミュージアムショップでポスターを求めました。

今も、職場の部屋に飾ってあります。

そして、いつか出会いたいと願っている作品が2点。

Photo_3

ひとつは、『イサクの犠牲』。

天使の背後から射す光が、アブラハムの顔とイサクの胸を金色に染めています。

その神々しい光に、息を飲むに違いありません。

Photo_4

もうひとつは、『放蕩息子の帰還』。

晩年の傑作です。

若い時の鋭い線は失われていますが、それぞれの人物の深い内面を余すところなく描き切っています。

静謐な境地に到達していたのでしょう。

いずれも、サンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館所蔵です。

いつか出会いたいと願っています。

2010年5月16日 (日)

モーセの山

「ジェベル・ムーサ」(シナイ山)は、シナイ半島の南端にあります。

「モーセの山」と呼ばれてきたのは、もちろん預言者モーセとの縁によります。

Img0030

およそ紀元前1300年のことです。

モーセはここで「ヤハウェ」と出会いました。

その場所を記念して建立されたのが「セント・カタリーナ修道院」です。

Img0010

標高約1000mの厳しい環境に建つ修道院ですが、外敵を阻むために高い堅牢な塀で囲まれています。

Img0011

内部の展示コーナーには、ナポレオンやヒトラー等の時の権力者がこの修道院を守ることを約束した書面が飾られていました。

Img0013

モーセが見た、「燃える柴」といわれている不思議な植物が中庭にあります。

多くの人々が試みたようですが、この場所以外に根付いた例はないそうです。

Img0009 シナイ登山の拠点は、石造りの宿舎でした。

五つ星ホテルだそうです。

自家発電機が何度も止まり、暖房も明かりもその都度消えてしまいます。

Img0020

山頂で朝日を見るために、出発は午前2時。

頂上付近が氷結している場合は引き返すという条件で登り始めました。

気温は零下10度くらいでしたが、激しい風が吹いていたので体感温度は零下20度くらいに感じました。

降るような満天の星空の中をひたすら登り続け、日の出前になんとか山頂にたどり着きました。

Img0024

モーセが「十戒」を授かったシナイ山頂の眺望です。

Img0019

ちょうど朝日がのぼる頃地平線近くの視界がよくなり、日の出を見ることが出来ました。

冬は天候不良でなかなか見ることができないと聞いていたのでラッキーだったのでしょう。

Img0022山頂に小さなチャペルがありました。

サンタ・カタリナ修道院の修道士達が資材を運びあげ、歳月を重ねて苦労の末完成させたそうです。

Img0021

振り返ると、世界中からこの山を目指した人々が朝日に照らされていました。

国や民族を超える力が、この山に宿っていることを実感しました。

とびっきりの、パワースポットです。

Img0028_2

「シナイ」、なんという素敵な名前なのでしょう!

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

パーツ

  • 天気時計
  • Mail
無料ブログはココログ