2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー

« 夏がくると・・・ | トップページ | 梅と沈壽官 »

2010年8月17日 (火)

男女群島

男女群島は、五島列島の南西72キロメートルの東シナ海に浮かぶ群島です。対馬暖流の勢いが衰えない進路上にあって潮流が速いので、海難事故が多く発生する危険な海域でもあります。

Photo

しかし、大型回遊魚が群島を通り抜けるので、クロダイをはじめとする大物を狙う釣人にはたまらない聖地です。

2

周辺は珊瑚の生息地でもあるので、明治以来、福江島の冨江港を拠点とした珊瑚採取船が遭難した歴史があります。

Photo_4                 (群島最南端の女島。山頂に女島灯台がある)

新田次郎の『珊瑚』は、男女群島を舞台にした作品です。

知名度はいまひとつですが、男女群島に遊ぶ釣人やダイバーには必読の書です。

作者の新田次郎は、男女群島を舞台に発生した度重なる海難事故資料に出あったとき、提示した気象庁の職員に、「台風一発で千人以上の死者がでる海難事故の原因は何か」と尋ねたそうです。

職員は「そこに珊瑚があるからだ」と、明快に答えたエピソードが残されています。

物語の舞台は五島列島と男女群島。珊瑚で一攫千金を狙う漁師達が、男女群島付近で台風に巻き込まれた遭難事故(明治38年に約1200人翌39年には約1000人もの漁師が、珊瑚漁での途中で遭難して命を落とした)から始まります。

そして、過酷な現実を背景に芽生えた男女の物語。

意外なことに、主題は男女の純愛なのです。

Photo_2

この男女群島でダイビングを続けているグループがあることを知ったのは、ダイビングを始めて間もない頃だったと思います。

とにかく潮の流れが速いので、危険なダイビングだと聞きました。

Jpeg

かなりの経験と体力が必須であるということでしたから、初心者の自分はあきらめざるを得ませんでした。

ところが、数年後に男女群島を得意とするダイビンググループが佐世保にあることをネットで見つけた夏、衝動に駆られてチャレンジすることにしました。

ツアーの日程が決まると、脚力をつけるためにブロックを背負い、両足首にウエイトを巻きつけて坂や階段を登る早朝トレーニングやプールで長距離を泳ぐメニューなどで訓練しながら備えました。 

Photo_7                       (針尾を母港とする高速船バラモン)

いよいよ、その当日。

バラモンには、ダイバーだけでなく釣り人も乗り合わせていました。

かなりの高速船でしたが、福江島を経由して男女群島に着くまでは随分時間がかかりました。

Photo_6                               (右通路に立っているのが僕)

男女群島周辺には数多くのダイビングポイントがありますが、初めての僕がいたせいか最初の1本目は比較的安全なポイントでエントリーすることになりしました。

Photo_8                        (ポイントに到着し、いそいそと準備)

Photo_9                                   (右端が僕)

Photo_10                            (キンギョハナダイの乱舞)

女島を拠点にキャンプしながらのダイビングは、スリリングな体験の連続でした。

海ガメを追っている内に、はぐれてしまったこと。

急に流れが速くなり、岩にしがみついているときに潮流が轟音のように聞こえたこと。

潮に押し流されて、バディからみるみる遠ざかりあせったこと。

Photo_11                                        (ブリの群れ)

夕食後、男女群島にまつわるお約束の怪談話 ・・・etc

                             

でも、本当に素晴しい経験でした。

Photo_13                                (女島に上陸したメンバーと)

夕日が東シナ海に沈むと、満天の星空。

Photo_12

キャンプは随分経験しましたが、光がまったくない南海の孤島で見上げる星空は格別でした。

またいつか、チャレンジしたいものです confident

« 夏がくると・・・ | トップページ | 梅と沈壽官 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557322/49169087

この記事へのトラックバック一覧です: 男女群島:

» 被リンク [被リンクサービス]
SEOの対策に必要な高品質な被リンクを格安にて提供いたします。 [続きを読む]

« 夏がくると・・・ | トップページ | 梅と沈壽官 »

パーツ

  • 天気時計
  • Mail
無料ブログはココログ